×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モルディブ旅行記2 : 準備
2012.1.4 (Wed) - モルディブ旅行記2 : 準備
さて準備。
長期旅行、特に海外旅行ってものは、事前準備が何よりも肝心。
準備次第で、旅が良いものにも悪いものにもなると言っても過言ではない。
海外旅行初めてだったけど。

海外旅行の場合、行く場所によって準備しなきゃならないものがかなり違います。
例えばコンセントなんてのも、国によってプラグの形が違ったりするし。

そんなわけで『モルディブ 旅行 持ち物』あたりでググって、結婚式準備の傍ら新婚旅行準備を進めました。
正直すげー大変だった。
2週間前くらいから五月雨式に必要なものを買い続けた結果、毎日amazonから何か届いてた覚えがある。
ごめんね佐川の人。

で、一番参考になった持ち物リストがあるページがコチラ。
ほっぺたちゃんの やっぱり、モルディブ!
まあ上に書いてあるワードでググって、一番上に出てくるやつだけど。
色々見たけどここが一番参考になった。
ありがたや先人。


というわけで、以下からは上のサイトのリストを元に、実際に準備したものを具体的に紹介します。
長いです。


  • パスポート
  •    => 数ヶ月前に取得。予約時にパスポート無いと、後日コピーを渡しに行かなきゃならんからめんどい。

  • 航空券
  •    => 当日空港の旅行代理店カウンターで受取。

  • 日程表
  •    => 手荷物としてずっと持っているのがいい。忘れたら死ねる。

  • 現金(円・ドル)
  •    => 支払いはクレジット使用なので、200米ドル分用意。チップ用に1ドル札を100枚、後は10ドル札10枚。結局半分以上残った。

  • クレジットカード
  •    => 間違いなくあった方がいい。海外旅行保険みたいのがついてると安心。念のためメインのMasterと、サブにVISAも持ってった。

  • 筆記具
  •    => 出入国カードを書くのに必要。後は特に使う場面ないと思うけど、無いよりはマシかと。

  • 雑誌・文庫本など
  •    => 暇つぶしのために数独の小さい本を成田で購入。これが結構いい時間つぶしに使えた。

  • 計算機
  •    => 清算時に計算間違いがある場合が、って話だったけど、結局暗算で済む。携帯で計算出来るけど、間違いは無かった。

  • 辞書
  •    => 安くて日常会話が入ってそうなやつを探した結果、これを購入。
           簡単な会話みたいなのがすぐに検索できるのがいい。でも旅行中は気合で英語喋ってて、結局一回も電源入れなかった。
           Canon 電子辞書 WORDTANK S501E

  • おやつ
  •    => やっぱり何日も海外にいると、日本のお菓子が恋しくなる。小腹すいた時にも役に立つので持ってくことをオススメ。

  • 常備薬
  •    => 必需品。食べ物で腹壊す心配は全く無さそうだったけど、胃腸薬と風邪薬は必須かと思う。あと酔い止めもあった方がいいかも。

  • 下着
  •    => 水着でいることが多いから、下着をいっぱい持ってっても意味ないかも。2~3日分くらいでいいんじゃないかね。

  • Tシャツ
  •    => 基本的に水着かTシャツなので必須。風通しのいい、吸水性のやつが2~3枚あればいいと思う。

  • 短パン・スカート
  •    => 日中長ズボンは苦行なので、あった方が便利。水着か短パンでいることがほとんどだった。

  • 薄手の長袖
  •    => 日焼けが気になる人は是非。日焼け止めだけじゃ守りきれないので。

  • 男性用襟付きシャツ
  •    => ディナー時用に。欧米の人はディナーの時間を大切にするので、不快な思いをさせないように。でも中国人は驚くほどラフな格好だった。

  • 男性用ズボン
  •    => こっちもディナー時用に。ビュッフェはラフな人が多いけど、レストランはまぁそれなりの格好のが無難と思う。メンパンで十分。

  • 水着
  •    => 無いと悲しい。一応売ってたけど、買ってくといいと思う。

  • ラッシュガード
  •    => 長時間シュノーケリングする時は絶対着た方がいい。本気で背中が火傷みたいになる。秋口にイオンで安売りしてたの買った。

  • パレオ
  •    => 嫁さんはパレオ付きの水着を買ってた。多分日焼け防止のために、そっちの方がいいと思う。

  • 帽子・バンダナ
  •    => つばが広い帽子があると日焼け防止になる。やわらかい素材のを折りたたんでカバンにいれておくといい。

  • ビーチサンダル
  •    => このcrocsを買って持ってった。つっかけは間違いなくあった方がいい。
           crocs duet

  • ウォーターシューズ
  •    => 上のcrocsで兼用した。実際あんまり必要なかったかも。むしろ隙間に入った砂で足が擦れてすげー痛かった。

  • 大きめの簡単バック
  •    => タオルとかカメラを持ち運ぶのに、バッグ的なものは2つ買ってった。防水のと、普通の。防水のはコレ。
           リラックマ プールバッグ

  • デジカメ
  •    => デジカメは昔から使ってるこれを持ってった。使い慣れてるのが一番。
           SONY デジタルカメラ Cybershot HX5V ゴールド DSC-HX5V/N

  • メディア
  •    => SDカードは万が一壊れたり紛失した場合を想定して予備も。32GBくらいあれば動画にも使えて便利と思う。
           Transcend SDHCカード 32GB Class10 TS32GSDHC10E

  • ハウジング(マリンパック)
  •    => これは大活躍した。海中で撮ったウミガメの写真をそのうちアップするつもり。
           デジタルカメラ専用防水ケース ディカパック WP-610

  • バッテリー
  •    => 予備があると心強い。壊れても自己責任で、非純正のバッテリーを使った。

  • 充電器
  •    => 本体に繋いで充電出来るものならいいけど、そうでないなら忘れないように。あと定格電圧のチェックを忘れずに。

  • 三脚
  •    => 地味に便利なゴリラポッドおすすめ。壁やら柱やらにも設置できたりしてすごい役に立つ。
           ケンコー・トキナー JOBY ゴリラポッド

  • コンタクト・めがね
  •    => 他のもの準備してて、これを忘れないように。景色見れないと悲しい。

  • 目覚まし時計
  •    => 携帯を目覚ましに使った。部屋にあった目覚まし時計は最後まで使い方が不明だった・・・

  • 電気髭剃り
  •    => 髭剃りはアメニティとしてあったような気がするけど、普段使い慣れてるものを。シェービングも忘れずに。

  • 歯磨きセット
  •    => これもアメニティであった。ただ部屋ランクによるかも。持って行くのが安心。

  • シャンプー・リンス
  •    => アメニティであったけど、普段使ってるのが一番いいと思う。海水で髪にダメージが相当溜まるので。

  • 化粧水・乳液
  •    => 日焼けでヒリヒリしてる肌とかに、化粧水つけると幾分かは和らぐ。

  • 化粧品
  •    => 女性なら。

  • ヘアーブラシ
  •    => 部屋には無かった気がする。あった方が便利。

  • ゴム
  •    => どちらの意味でもゴムは部屋に無いのであった方が便利。

  • 綿棒
  •    => 耳に海水入って気持ち悪いときとかに。

  • ソーイングセット
  •    => 自分たちは使う機会無かったけど、こーゆーのはあった方が便利。嵩張るものでもないし。

  • ビニール袋
  •    => 洗濯物をまとめる袋用などに。2枚くらいありゃ十分。

  • 日焼け止め
  •    => SPF50+のものを2~3本くらい持ってくといい。で、めちゃめちゃ塗りたくった方がいい。日焼けが2週間くらいずっと痛かったわ・・・

  • かゆみ止め
  •    => キンカン万能

  • 虫除け
  •    => 一応部屋にあるし、思いのほか虫少ないからいらないかも。虫除け使わなくても一箇所も刺されなかった。

  • 洗剤
  •    => 部屋の洗面台で手洗いした。環境に優しいものを選ぶといいと思う。

  • 洗濯バサミ・物干し
  •    => 持ってったけど使わなかった。ベランダのイスとかにかけておけば一瞬で乾く。

  • 2lペットボトル
  •    => 2本持ってった。現地でも、レストランとかバーで1.5lのが4ドルくらいで買える。

  • 500mlペットボトル
  •    => 2本持ってった。空いたら2lのペットボトルから移して再利用。外で遊ぶ時とかはこっちを持ち歩くといい。

  • ポカリの粉
  •    => 水分補給はただの水よりもポカリとかアクエリとかのが早いので。あると便利だと思う。


    上で紹介したサイトに書いてあったリストで、持ってたのはこんな感じ。
    書いてないのは持ってかなかったもの。

    例えばシュノーケリングセットなんかは、現地でレンタル出来るから持って行かなかった。
    荷物すげー嵩張るし、そんなに高頻度で使うものじゃないから勿体無いし。


    んで、更に別に持ってったものたちが以下。


  • ビデオカメラ
  •    => 結婚式を撮るためにちょうど新しいのを購入したので。イルカの大群とかもこれでバッチリ撮影できた。
           手ブレ補正もしっかりしててものすごく使いやすい。帰宅後はこれで撮った動画を編集してDVD作成した。
           Canon デジタルビデオカメラ iVIS HF M41

  • 変換プラグ
  •    => コンセントの型が違うので。電圧は大体問題ないものばっかだったので、型だけ気にすれば良かった。
           デバイスネット RW75CR ゴーコンW2(レッド)

  • うきわ
  •    => 2人ともそんなに泳ぎに自信が無かったので一応。ただ遠浅ラグーンだから一瞬で邪魔になった。絶対に不要。

  • キャリーバッグ
  •    => 中型の1つだけにまとめた。荷物は少ないほうがいい。大型2つ持ち歩いてたカップルいたけど、間違いなく移動しんどいと思う・・・


    事前に買ったりなんだりしたものは大体これで全部。
    書き足りなかったり、書き忘れてたりしたら、適当に追記修正します


    事前準備編は以上。
    次は出発〜到着までの1日目を、写真を交えながら書ければと思います。
    今回の記事は文字ばっかりでしんどい。