×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カントリーサインの旅1-1 : 前書き
2013.2.3 (Sun) - カントリーサインの旅1-1 : 前書き
2005年の4月29日〜5月2日、実に8年前に行った旅行(?)のお話。
ホームページがまだ古かった頃に色々書いていた旅行レポートの一つを、今更書き直してみることに。
と言っても表現とか危ない文言をそれなりに修正するくらいで、後はコピペするつもりですが。

そんくらい書くこと無いってのもあるけど、この旅行はすごく楽しかったので。
大学生だったからこそ出来た若かりし頃の思い出です。


--------------------------------------------------------


例に漏れずやって参りました、GWの季節が。
GWと言えばすることは一つ。
旅行するしかないでしょう。

「今年ドコ行く?」

去年のGWから旅行を始めたにも関わらず、当たり前の様に始まる予定話。
昼飯を買いに行く時あたりに、軽い気持ちで誰かが言った。

「カントリーサインの旅とかは?」

これを言ったのは俺じゃない。
絶対に俺じゃない。


メンバーは、いつもの旅行仲間。
ただし(男)、とーる(男)、ちゃっぴー(女)。
それからあたしの計4人。

念のため【カントリーサインの旅】について説明。

『水曜どうでしょう』で行われた企画の一つ。
北海道には現在179市町村(番組当時は212市町村、旅行当時は207市町村)あり、それぞれの市町村にはシンボルマークのような一枚絵があります。
その絵は各市町村の境界、主に国道の道端に立っていて、「ここから○○町ですよー」というのがわかる様になっています。
その絵のことをカントリーサインと言い、それぞれの市町村の特産だったり有名な場所やら建物やらが描かれているわけです。
そのカントリーサインを1枚ランダムに選び、その場所まで行って写真を撮り、次のカントリーサインを選び・・・と繰り返す企画です。
『水曜どうでしょう』の再放送で何度もやっていたので、知ってる人も結構いるのではないでしょうか?


さて、そんな(無謀且つ意味の無い)旅行をすることに決まってしまいまして。
番組では、カードはトランプのようになっていましたが、そんな手のかかるもの作るのはムリ!
というわけで、箱にちっちゃいカードを入れてゴソゴソ探って引くシステムにすることに。

まずは箱作り。
今まで通販とかで捨てないでおいたダンボールがこんなとこで役立つとは思ってもいませんでした。
適当な大きさに切り、箱型に組み上げていき、ガムテープで補強・・・

やたらとデカい試作品が完成。

country1_01

ムダにデカくて(30cm*20cm*15cm)絶対邪魔だ・・・
しかも良かれと思って貼った白紙が逆にダサい・・・

数度の試作を経て、最終版が完成。

country1_01

コンパクトなサイズ(14cm四方)になり、本家どうでしょうのシールでダサさをごまかす荒業。


これで箱は完成。
次はカードの作成。

北の道ナビでカントリーサインの画像を全てダウンロード。
ペイントで画像を適当に並べて、印刷。
その印刷したカントリーサインを全部切り分け、完成。

country1_01

これでもまだまだ一部。
結構大変な作業で、総作成時間は3〜4時間。
旅行行く前から既に疲労してる。


こんな感じで準備を終え、いよいよ旅行スタート。
旅行前日に前夜祭(ただしの家に泊まるだけ)をし、微妙な寝不足スタートです。